使用方法について


浸透力や保湿力に優れた砂糖を成分として配合したスキンケア用品を使用する場合、アトピーで悩んでいる方はより一層慎重に行わなければなりません。人よりもデリケートな肌になっているので、それだけ慎重にケアをしなければかゆみなどを引き起こしてしまうようになってしまいます。

スキンケア用品を使用する場合にはまずいきなり肌の上にのせるのではなく、手のひらの上に出し、手のひらの温度で温めていくことが大切です。温まった化粧品は肌なじみが良く、刺激を肌に与えにくいものです。ですから面倒でも一度手のひらに出してから使用するように習慣づけてください。

温めた化粧品はゆっくりと肌の上に置き、優しくひたひたとなじませていきます。砂糖自体は浸透性があるので徐々に馴染んでいくものです。ですから叩くように塗布をしなくても、ひたひたとするだけで十分に肌の奥に浸透していきます。またしばらく経過して乾燥が起こる方がいます。アトピーの方は乾燥があるので、しばらく経って肌が乾燥を始めたら再度化粧品を塗布するようにしてみてください。何度か同じ作業を繰り返していき、肌の乾燥を防止するようにしてみてください。またこれは毎日行ってください。入浴後の柔らかくなった肌のときにケアを行うのがおすすめです。